新宿FACE観戦記その1


 ジムから新宿FACEへは、ドア・ツー・ドアで30分で行けるのでとても便利。
今日もジムを抜け出して会場へ(''ω'')ノ

〖7月9日 MUAYTHAI OPEN39〗
《×笠原淳矢(フォルティス渋谷) 判定 コンゲンチャイ・エスジム(タイ)○》
39歳にして現役を続ける、後輩の笠原の応援に行きました。
 相手のタイ人は過去に日本人の強豪選手を何人も倒してきた選手だが、練習不足でスタミナがないらしく動きが少ない。
しかし要所でポイントを稼ぎ、笠原に決定打を許さず普通に判定勝利。 うーむ、タイ選手ってズルいですね~。

〖ジムマスターとは?〗


 ジムのトップはなんと呼ばれるのがいいんでしょうか?
ウチの場合だと、「会長~!」、「支部長~!」、「先生~!」、「コ~チ~!」、「シズオ~!」(呼び捨てにすな(-_-メ)!
などと統一感はゼロです。 でも「川島さ~ん!」が一番多いかな?

 会場では知り合いに多く遭遇しました。(おまけ画像1:北尻レフリー、おまけ画像2:裕センチャイジム)


中でも久しぶりだったのが”藤牧孝仁選手”です。 先ほど引退したK1の強豪”山本優弥選手”をして
対戦した中で一番強かった日本人選手(←うろ覚えなので間違ってたらスイマセン)と言わしめた程の実力者です。
 初期のドラゴンジムの大会(20年以上前ですが)には毎回参戦してもらってました。
 なんと!1年程前から独立し、横浜に自分のジム(フジマキックムエタイジム)を構えています。
横浜在住のキック好きはフジマキックへ今スグGO!《鶴見区小野町第2協進ビル4F 070-5011-7770》

 ところで藤牧選手の肩書ですが、その名も”ジムマスター”(会長と同じ意味らしい)。 初めて聞きましたよそんな言葉。
でもいい響きですねぇ、ジムマスター。 早速ウチでも使わせてもらおうと思います。
今日から私の事を「マスター」と呼ぶように! って絶対定着しないよな・・・・(-"-)。